はたつかこども園

保育に関する考え

保育理念

「人は大切、子は宝」
*お預かりするお子さんはもちろん、施設を利用する人すべてが尊重され、そして自分を認め 愛することで、人を大切にする心を育てます。人のお役に立つ人となるために。
・教育基本法及び児童福祉法に基づきすべての子どもに安全で情緒の安定した集団の場を提供し、 様々な体験を通して生きる基礎(心情、意欲、態度等)を育成する。また、保護者と共に子どもを愛護し人権を守り、 子どもの健やかな成長を推進する。

保育方針

豊かな人間性を育む

  • 発達に応じた人と人とのつながりを通して生きる力を培う。家族と、保育士、子ども同士、地域の人とのつながりを大切にし、優しさ思いやりなど豊かな感情を育む。
  • 発達に応じた自然体験や植物の栽培活動を日々の保育に取り入れ、自然を発見するよろこびや科学する心を養い豊かな感性を育てる。また、自然を慈しみ大切にする心を持った人に成長することを目指す。
  • 地域の中の子育ての拠点として、認定こども園の機能を十分に発揮し、併せて地域内の保育所や小学校、中学校、児童館、ふれあい町づくりの会と連携した活動を推進する。

保育目標

  • やさしく思いやりのある子ども
  • 友だちと一緒に生き生きと遊ぶ子ども
  • 人と関わることに喜びを感じる子ども
  • 自分が感じたことを表現できる子ども
  • 自然に目を向け、自然を大切にする子ども

こども園の特徴

自然にふれ親しむ保育

四季折々の花と野菜を育てる栽培活動を通して子どもたちの自然を慈しむ心をはぐくみ、また子どもたち自身の五感を育てます。

庭の桜や榎に季節を感じることができ、びわ・ざくろ・柿の実の収穫は子どもたちの楽しみになっています。

六甲山地の豊かなフィールドを生かし日常的に散歩に出かけたり遠足の機会を多く持って自然にふれたり運動能力や仲間意識を育てています。

安全な食事を提供し食育の心を育てる

産地や生産者が分かる安全な食材と旬の食材を選び一汁三菜を基本に、おいしく食べられるよう工夫をしています。

食物アレルギー対応の食事や離乳食も一人ひとりに向き合い衛生面の管理にも特別に配慮しています。

園庭や西区に借りている農園で収穫した野菜でのクッキング活動も子どもたちの食欲をそそります。

子育て支援

保護者のみなさんに毎日の保育状況をお知らせする「保育掲示板」は子どもの遊びや生活をお伝えする大事な情報として定着しています。

連絡帳を通じて子どもの24時間の生活や体調などを伝え合います。
保護者の子育ての悩みや相談を受ける体制も整えています。

地域の子育て家庭のみなさんに園庭開放や行事への参加を案内したり育児相談を行っています。

地域との交流

地域のお年寄りを園に招いたり「ふれまち」の行事を通じて地域の方と交流したり地域内の公私立保育所との交流を行っています。
地域の中学生や高校生に保育体験の場を提供しています。

英語・体育